2022年10月5日放送されたニッポン放送のナイツ・ザ・ラジオショー。この日の14時台のゲストは宮下草薙。宮下草薙の宮下さんが飛蚊症の話をされていました。

宮下さんは10代前半から飛蚊症に悩んでいるのですが、宮下さん調べによるとどっかの研究で生パイナップル200gを3か月間食べ続けたら80%の人が治った研究報告があり、現在実践しているのだそうです。

私も飛蚊症に悩んでいるので実際に検索して調べたらYoutubeでもパイナップルが飛蚊症の改善に期待できる動画を眼科医の先生が上げていたりしていたのでちょっと私も実践してみることにした。

現状だが糸くずやミミズみたいのが数本見える状態。ひらがなの「と」をくしゃっとした感じのが見える。

1日目

近所のスーパーにパイナップルを買いに行く。

↑パイナップル1本で398円だった。カットパインも売ってたのだが120gで200円くらいした。カットパインがいかに割高なのが分かる。


早速家でパイナップルをカットしてフリーザーパックに入れて冷凍。パイナップルを切るのは初めてだったのだが、ラベルに切り方が書いてあったのでその通りにカット。


↑100gはこのぐらいの量。私が見たYoutubeの動画では1日300gを3ヶ月継続で約80%の人が改善と紹介されていたが、さすがに1日300gはきつい。100gの人は3か月後に50%以上の人が改善してるとあったので、私は1日100gを目安に継続してみることにした。

7日目

パイナップルを食べて1週間経過したが一週間程度では、飛蚊症の改善はみられず。

21日目

3週間経過したが未だ視界に変化は見られず。
パイナップルをカットするスピードだけは上達した。

31日目

1ヶ月経過したが飛蚊症にまったく変化なし。薄くなったとかいう自覚もなし。あと2ヶ月は継続。

35日目

ルテインのサプリも飲んでみることにした。

ルテインで飛蚊症が治ることはないみたいなのだが、光対策も兼ねて飲むことにした。ルテインのサプリを比較したがDHCのサプリがルテイン配合量が16mgと多かったし価格もリーズナブルだった。

◆【機能性表示食品】DHC ルテイン光対策 60日60粒

47日目

パイナップルを毎日食べ続ける生活を始めて1ヶ月半近く経過したが飛蚊症にまったく変化はなし。ただひとつ変化があったことは、目が疲れにくくなった。これまではパソコンやスマホを見ると目が重たくなってヒリヒリしたりして長時間見続けることができず、しょっちゅう眼精疲労用の目薬を差していたのだが、目が軽くなって疲れにくくなり目薬を差す頻度が減ってきた。

52日目

飛蚊症が軽減するどころかいつもよりはっきりと濃く太く見える。W杯を寝ずに観戦し目を酷使したからだろうか。

53日目

毎日冷凍したパイナップルを解凍して食べているが、解凍すると水分が出てくる。その水分に酵素が含まれてるかもしれないので残さず飲んでいる。

60日目

2ヶ月経過したが視界は一向に変化なし。

パイナップルを食べること以外に目にいいこととして取り組んでいることは、ルテインのサプリを飲む、手の反射区を揉む、メグスリノキ茶をたまに飲む、眼精疲労を感じたら目薬、ホットアイマスク など。

74日目

パイナップル1日で300g食べてみたが、唇の両端が痛い。

77日目

1週間置きくらいに近所のスーパーにパイナップルを買いに行くが、またこの人パイナップル買いに来てると思われてないか要らぬ心配をしている。そのためスーパーもたまに変えたりしている。選ぶスーパーもここ最近はセルフレジがあるところにしている。セルフレジが登場してなんかありあがたい。

81日目

パイナップルに含まれるブロメラインが飛蚊症に効くのでこれまで毎日食べてきたが、よくよく調べてみるとブロメラインはパイナップルの芯に多く含まれていることが分かった。そういえばこれまでパイナップルの芯はカットするときに固いから捨てていた。そりゃ全然飛蚊症が改善しないわけだ。ただパイナップル食えばいいと思っていた。

90日目

3ヶ月経過したが何ひとつ変化なし。1日100gぐらい食べてきましたが、研究報告によると100gを3ヶ月食べた続けた人は54.5%改善するらしいです。食べた量が少なかったということで引き続き食べてみます。